• matsuya

アスパラガス

最終更新: 7月4日

爺のちょこっと蘊蓄。


今日は、野菜の芽菜のアスパラガスについて。


和名:おらんだきじかくし

おらんだうど。

意外と古くヨーロッパでは紀元前から栽培されていて、日本に伝わったのは江戸時代の頃。


最初は観賞用で食用では無く大正時代に入って、日本では、本格的な栽培が始まった。

でもグリーンアスパラガスが一般に食用として流通したのは昭和40年以降、今でも葉は花束の飾りなどに使われている。

日本では、北海道や長野県、佐賀県が有名だが最近では栃木県産の那須産、宇都宮産も増えて来た。

旬は、3月〜6月ぐらい。

大田原市のルート294号線沿いに沢山のアスパラガスのハウスが見られる。

食べ方は、グリルやベーコンと炒め、ボイルしてマヨネーズを付けたりバリエーションは、沢山。


アスパラギン酸で疲労回復効果もあり。








4回の閲覧

最新記事

すべて表示

爺のちょこっと蘊蓄。 今回は、野菜で葉物の葱。 中国では紀元前から栽培され、日本には奈良時代に渡来し、薬味として用いられてきた。 もともとは冬野菜でこれからが旬になる。 大きく分けて、根深ねぎ(長ねぎ)と葉ねぎ(青ねぎ)に分かれる。 関東では、白い部分が多い根深葱、盛り土をして日にあてないように育てる。 代表的な深谷ねぎ、下仁田ねぎなどがある。 西日本では、日にあてて育てる葉ねぎ(青ねぎ)緑の葉ま

スタッフブログ 海老

爺のちょこっと蘊蓄。 今回は、甲殻類の蝦で海老。 類には、遊泳脚を持つ遊泳型と歩行脚を持つ歩行型に分かれる。 伊勢海老は歩行型で甘海老や牡丹海老は遊泳型です。 世界に生息するエビは約3,000種その内食用にされるのは約150種と言われている。 世界で日本は1·2位を争う消費国です。今が旬のタラバエビ科のボタンエビ(トヤマエビ)(Shrimp)一般に牡丹海老と言われているのは標準和名トヤマエビのこと

スタッフブログ 栗

爺のちょこっと蘊蓄。 今回は果物の中のナァツの栗。 原産はヨーロッパ、アメリカ、中国などに自生し、古くから各地でその実が食用にされてきた。 日本でも歴史は古く、縄文時代の遺跡からも出土しています。 日本栗の祖先は、自生していた小粒の芝ぐり(山グリ)だが、平安時代には京都の丹波地方で栽培が盛んになり各地に広がりました。 江戸時代には改良した品種がいくつも生まれた。 古くからの産地の丹波は、仏教の伝来

TEL: 0287-32-2003

Fax: 0287-32-2764

〒329-2921 栃木県那須塩原市塩原168

  • ホワイトInstagramのアイコン

©2020 by 松楓楼松屋 Official Blog Wix.com で作成されました。