• matsuya

アスパラガス

最終更新: 2020年7月4日

爺のちょこっと蘊蓄。


今日は、野菜の芽菜のアスパラガスについて。


和名:おらんだきじかくし

おらんだうど。

意外と古くヨーロッパでは紀元前から栽培されていて、日本に伝わったのは江戸時代の頃。


最初は観賞用で食用では無く大正時代に入って、日本では、本格的な栽培が始まった。

でもグリーンアスパラガスが一般に食用として流通したのは昭和40年以降、今でも葉は花束の飾りなどに使われている。

日本では、北海道や長野県、佐賀県が有名だが最近では栃木県産の那須産、宇都宮産も増えて来た。

旬は、3月〜6月ぐらい。

大田原市のルート294号線沿いに沢山のアスパラガスのハウスが見られる。

食べ方は、グリルやベーコンと炒め、ボイルしてマヨネーズを付けたりバリエーションは、沢山。


アスパラギン酸で疲労回復効果もあり。








4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

金目鯛

爺のちょこっと蘊蓄。 今回は、魚類の🐟冬が旬の金目鯛。 北海道釧路沖以南に生息し40cmから60cm位の大きさに成長し体色は全身朱色で、鱗は黄金色の光沢がある。 深海(水深200メートル以上)に生息するため、眼が著しく大きく、金色に光る。 若魚は沿岸の水深100メートルから250メートル付近に生息し、成長とともに沖のより深いところに移動し、成魚は海山付近や水深800メートル近くの複雑な地形の海底

イチゴ

爺のちょこっと蘊蓄。 今回は、果物で苺。 イチゴとは、野イチゴ、へびいちごなども含む総称で、一般的なものはオランダいちごと呼ばれる。 これは、18世紀に品種改良が盛んだったオランダから、観賞用に持ち込まれたことに由来している。 明治初期に、欧米から栽培品種が導入されて、新宿御苑では皇室用の御苑いちご(御料いちご)などの品種が作られたが、一般には手の届かない高級品だった。 大正時代に石の温熱を利用し

爺のちょこっと蘊蓄。 今回は、野菜で葉物の葱。 中国では紀元前から栽培され、日本には奈良時代に渡来し、薬味として用いられてきた。 もともとは冬野菜でこれからが旬になる。 大きく分けて、根深ねぎ(長ねぎ)と葉ねぎ(青ねぎ)に分かれる。 関東では、白い部分が多い根深葱、盛り土をして日にあてないように育てる。 代表的な深谷ねぎ、下仁田ねぎなどがある。 西日本では、日にあてて育てる葉ねぎ(青ねぎ)緑の葉ま

TEL: 0287-32-2003

Fax: 0287-32-2764

〒329-2921 栃木県那須塩原市塩原168

  • ホワイトInstagramのアイコン

©2020 by 松楓楼松屋 Official Blog Wix.com で作成されました。