• matsuya

スタッフブログ 栗

爺のちょこっと蘊蓄。


今回は果物の中のナァツの栗。


原産はヨーロッパ、アメリカ、中国などに自生し、古くから各地でその実が食用にされてきた。


日本でも歴史は古く、縄文時代の遺跡からも出土しています。


日本栗の祖先は、自生していた小粒の芝ぐり(山グリ)だが、平安時代には京都の丹波地方で栽培が盛んになり各地に広がりました。


江戸時代には改良した品種がいくつも生まれた。


古くからの産地の丹波は、仏教の伝来とともに大陸から接ぎ木の技術を導入し早くから大粒の栗を生産することができたという。


日本栗は実が大きいが甘味は少なく、丹波、丹沢などの品種があります。


丹波栗は、主に銀寄という大ぶりの品種だ。


利平栗という大粒の和栗は岐阜県で誕生した栗です。免疫力強化、抗酸化作用の効果があります。?

24回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

金目鯛

爺のちょこっと蘊蓄。 今回は、魚類の🐟冬が旬の金目鯛。 北海道釧路沖以南に生息し40cmから60cm位の大きさに成長し体色は全身朱色で、鱗は黄金色の光沢がある。 深海(水深200メートル以上)に生息するため、眼が著しく大きく、金色に光る。 若魚は沿岸の水深100メートルから250メートル付近に生息し、成長とともに沖のより深いところに移動し、成魚は海山付近や水深800メートル近くの複雑な地形の海底

イチゴ

爺のちょこっと蘊蓄。 今回は、果物で苺。 イチゴとは、野イチゴ、へびいちごなども含む総称で、一般的なものはオランダいちごと呼ばれる。 これは、18世紀に品種改良が盛んだったオランダから、観賞用に持ち込まれたことに由来している。 明治初期に、欧米から栽培品種が導入されて、新宿御苑では皇室用の御苑いちご(御料いちご)などの品種が作られたが、一般には手の届かない高級品だった。 大正時代に石の温熱を利用し

爺のちょこっと蘊蓄。 今回は、野菜で葉物の葱。 中国では紀元前から栽培され、日本には奈良時代に渡来し、薬味として用いられてきた。 もともとは冬野菜でこれからが旬になる。 大きく分けて、根深ねぎ(長ねぎ)と葉ねぎ(青ねぎ)に分かれる。 関東では、白い部分が多い根深葱、盛り土をして日にあてないように育てる。 代表的な深谷ねぎ、下仁田ねぎなどがある。 西日本では、日にあてて育てる葉ねぎ(青ねぎ)緑の葉ま

TEL: 0287-32-2003

Fax: 0287-32-2764

〒329-2921 栃木県那須塩原市塩原168

  • ホワイトInstagramのアイコン

©2020 by 松楓楼松屋 Official Blog Wix.com で作成されました。