• frontdesk

イチゴ

爺のちょこっと蘊蓄。


今回は、果物で苺。


イチゴとは、野イチゴ、へびいちごなども含む総称で、一般的なものはオランダいちごと呼ばれる。


これは、18世紀に品種改良が盛んだったオランダから、観賞用に持ち込まれたことに由来している。


明治初期に、欧米から栽培品種が導入されて、新宿御苑では皇室用の御苑いちご(御料いちご)などの品種が作られたが、一般には手の届かない高級品だった。


大正時代に石の温熱を利用した石垣いちごの栽培が始まりイチゴの代名詞となった1960年代までイチゴの旬は5月~6月だったが温室栽培が進歩し、年末年始の需要の多い時期にピークとなるように、秋苗が主流になっている。


品種の改良も進み、より甘くより大きいものが求められ、人気品種がどんどん交代している。


いちごはハウスなどの施設を使った栽培が生産量の約86%ともっとも多い作物で、収穫量は栃木県がトップで福岡県、熊本県、静岡県とつづく。1粒で風邪予防、美肌作り、疲労回復などの効果がある。🍓🍰

8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

爺のちょこっと蘊蓄、中央アメリカ原産の玉蜀黍

【爺のちょこっと蘊蓄、中央アメリカ原産の玉蜀黍】 9割がアメリカからで、その多くが家畜の飼料用として使用されている。 国産で取れた物はほとんどが食用とされている。 ハニーバンタムやバイカラーコーンが主流になっている。 食物繊維が豊富で疲労回復、便秘解消などの効果があり焼たり揚げたり蒸しても美味しい。 これからが旬になる。 朝取りのものが甘味が強く、時間がたった物は味がおちる。

爺のちょこっと蘊蓄 ビワ

【爺のちょこっと蘊蓄 びわ】 今が旬の果物 枇杷。 日本で栽培が盛んになったのは江戸時代のことで、寺の僧侶が檀家の人々に中国から伝わったビワの葉療法を行ったため、寺にはビワの木が多いといわれている。 寒さに弱いため千葉県あたりが、北限とされている。 長崎県の茂木や千葉県の南房総市などが有名だ。 βカロチンやポリペノーレが多く高血圧や癌の予防効果が有りまた、葉にはタンニンが多く咳止めなどに効果が有る