• matsuya

大根

【スタッフブログ大根】


爺のちょこっと蘊蓄。


今回は野菜の根菜、古代から続く重要野菜のひとつ大根。


古代エジプト時代から栽培されており、野生種は中央アジアや地中海沿岸など広く分布している。


最古の野菜のひとつで大きく分けて、ヨーロッパだいこん、中国だいこん、日本だいこんの3種が有り。


日本には弥生時代に伝わり在来種と中国だいこんの交配種ができ 、そこから各地に広がり様々な品種が生まれた。


日本最古の歴史書、古事記にも記載があり平安時代には栽培も盛んになった。


江戸時代、江戸の近郊では、板橋、練馬、浦和、三浦などの産地があり練馬大根は有名。


現在流通しているのは、青首系がほとんどだが、ずんぐりむっくりとした三浦系、丸型の聖護院系などの個性的なもの、伝統野菜が静かなブームだ。


昨今、復活した地方品種も作られている。


現在は1年中見られるが、冬野菜で生産量がトップの野菜です。


現在では4月から6月にできたものを春大根 、7月から9月にできたものを夏大根 、10月から3月にできたものを秋冬大根と分けられる。


ここ塩原の特産品でもある8月中旬から11月の雪が降り始めるころまで取れる。


煮物に向いた品種だと思います。


柔らかく味が馴染みやすいとても美味しい大根です。

11回の閲覧

最新記事

すべて表示

爺のちょこっと蘊蓄。 今回は、野菜で葉物の葱。 中国では紀元前から栽培され、日本には奈良時代に渡来し、薬味として用いられてきた。 もともとは冬野菜でこれからが旬になる。 大きく分けて、根深ねぎ(長ねぎ)と葉ねぎ(青ねぎ)に分かれる。 関東では、白い部分が多い根深葱、盛り土をして日にあてないように育てる。 代表的な深谷ねぎ、下仁田ねぎなどがある。 西日本では、日にあてて育てる葉ねぎ(青ねぎ)緑の葉ま

TEL: 0287-32-2003

Fax: 0287-32-2764

〒329-2921 栃木県那須塩原市塩原168

  • ホワイトInstagramのアイコン

©2020 by 松楓楼松屋 Official Blog Wix.com で作成されました。