• matsuya

昆布

爺のちょこっと蘊蓄。


今回は、海藻。

日本料理に欠かせない昆布、約13種があります。


寒流の親潮を海域を代表する海藻です。


北海道や三陸の豊かな海で育った昆布はミネラル分の宝庫。


代表的なのが函館から室蘭にいたる内湾で採れる真昆布、利尻、礼文島などが主産地の利尻昆布、羅臼町が主産地の羅臼昆布(オニコンブ)、北海道日高地方が主産地の日高昆布(三石昆布)が、有名ですが、地域によって好みが違って来る。


香りが高く風味が良く甘味の有るだしが取れる真昆布は大阪地域で好まれ少し塩味のきいた上品な風味の澄んだだしが採れる利尻昆布は、京都で人気。

また福岡県のうどんのチェーン店で収穫の7%を消費している。


少し濁るが香り良くこくの有る濃いだしの取れる羅臼昆布は、関東地方や北陸地方で好まれています。


良いだしが取れて早く柔らかくなり、比較的安値なので昆布巻き、鍋物、家庭用だし昆布などに仕様される。


日高昆布は関東地方で消費が多い。


ロシアでは海のキャベツと言われているが、あまり食べられていない。


日本各地で古くから食べられていて、主に乾燥させただし昆布が多く使われている。


ほとんどが北海道が産地で、近年は温暖化の影響で海水温度が高く、天然物の収穫が減少している。


近年では昆布類の海藻が医療や工業用の用品として使われています。


養殖物(真昆布)は函館から三陸地方でおこなわれています 。

生活習慣病や成人病の予防に良いと言った食品なので、美味しく食べよう。(^3^)/


当館では、利尻昆布を、だし昆布で、使っています。

14回の閲覧

最新記事

すべて表示

爺のちょこっと蘊蓄。 今回は、野菜で葉物の葱。 中国では紀元前から栽培され、日本には奈良時代に渡来し、薬味として用いられてきた。 もともとは冬野菜でこれからが旬になる。 大きく分けて、根深ねぎ(長ねぎ)と葉ねぎ(青ねぎ)に分かれる。 関東では、白い部分が多い根深葱、盛り土をして日にあてないように育てる。 代表的な深谷ねぎ、下仁田ねぎなどがある。 西日本では、日にあてて育てる葉ねぎ(青ねぎ)緑の葉ま

スタッフブログ 海老

爺のちょこっと蘊蓄。 今回は、甲殻類の蝦で海老。 類には、遊泳脚を持つ遊泳型と歩行脚を持つ歩行型に分かれる。 伊勢海老は歩行型で甘海老や牡丹海老は遊泳型です。 世界に生息するエビは約3,000種その内食用にされるのは約150種と言われている。 世界で日本は1·2位を争う消費国です。今が旬のタラバエビ科のボタンエビ(トヤマエビ)(Shrimp)一般に牡丹海老と言われているのは標準和名トヤマエビのこと

スタッフブログ 栗

爺のちょこっと蘊蓄。 今回は果物の中のナァツの栗。 原産はヨーロッパ、アメリカ、中国などに自生し、古くから各地でその実が食用にされてきた。 日本でも歴史は古く、縄文時代の遺跡からも出土しています。 日本栗の祖先は、自生していた小粒の芝ぐり(山グリ)だが、平安時代には京都の丹波地方で栽培が盛んになり各地に広がりました。 江戸時代には改良した品種がいくつも生まれた。 古くからの産地の丹波は、仏教の伝来

TEL: 0287-32-2003

Fax: 0287-32-2764

〒329-2921 栃木県那須塩原市塩原168

  • ホワイトInstagramのアイコン

©2020 by 松楓楼松屋 Official Blog Wix.com で作成されました。