• matsuya

烏賊

爺のちょこっと蘊蓄。


今回は魚介類で世界の水揚げの二分の一を日本人が胃袋に入れてしまうとされ、軟体動物門頭足網十腕形上目に(英語で十腕形目は、体内に甲を持つ物の意味でよって甲殻類になる烏賊です。


日本の近海には約90種類以上が生息しその中でも市場にもっとも多く出回る日本を代表するスルメイカ。


春から秋が旬です。


産卵は東シナ海から九州近海が産卵場所とされ冬に生まれた群は黒潮に乗り寒流と暖流がぶつかる餌が豊富な三陸沖に北上する若い烏賊を麦が取れる頃に取れることから麦烏賊と言う。


秋に生まれた群は対馬暖流に乗り日本海を北上する暖流と寒流がぶつかり合う能登半島沖が最高な漁場となっている。

海流に乗り北上し津軽海峡を抜けて太平洋に 千島海流に乗り、三陸沖、常磐沖まで南下もその逆も有る。


頭(耳)は菱形で胴は細長く20センチ~30センチになる刺身や焼いても煮ても美味しい。


肝と細く切った身を和えた塩辛、生きたまま味を調えた醤油に付け込む沖漬け、烏賊の墨は、旨み風味粘りが有る墨を使った烏賊墨のパスタ等々がある。


日本人は烏賊が好きな人が多く中にはアレルギーの人もいるので注意が必要。


漁期が終わりごろ交尾を行い雌は雄から精子の詰まったカプセルを受け取り産卵場所に南下し一年の生涯を日本列島を南北に住復して終わる。


タウリンが多くコレステロールを下げる効果も有り低脂肪だ‼️(^3^)/


7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

金目鯛

爺のちょこっと蘊蓄。 今回は、魚類の🐟冬が旬の金目鯛。 北海道釧路沖以南に生息し40cmから60cm位の大きさに成長し体色は全身朱色で、鱗は黄金色の光沢がある。 深海(水深200メートル以上)に生息するため、眼が著しく大きく、金色に光る。 若魚は沿岸の水深100メートルから250メートル付近に生息し、成長とともに沖のより深いところに移動し、成魚は海山付近や水深800メートル近くの複雑な地形の海底

イチゴ

爺のちょこっと蘊蓄。 今回は、果物で苺。 イチゴとは、野イチゴ、へびいちごなども含む総称で、一般的なものはオランダいちごと呼ばれる。 これは、18世紀に品種改良が盛んだったオランダから、観賞用に持ち込まれたことに由来している。 明治初期に、欧米から栽培品種が導入されて、新宿御苑では皇室用の御苑いちご(御料いちご)などの品種が作られたが、一般には手の届かない高級品だった。 大正時代に石の温熱を利用し

爺のちょこっと蘊蓄。 今回は、野菜で葉物の葱。 中国では紀元前から栽培され、日本には奈良時代に渡来し、薬味として用いられてきた。 もともとは冬野菜でこれからが旬になる。 大きく分けて、根深ねぎ(長ねぎ)と葉ねぎ(青ねぎ)に分かれる。 関東では、白い部分が多い根深葱、盛り土をして日にあてないように育てる。 代表的な深谷ねぎ、下仁田ねぎなどがある。 西日本では、日にあてて育てる葉ねぎ(青ねぎ)緑の葉ま

TEL: 0287-32-2003

Fax: 0287-32-2764

〒329-2921 栃木県那須塩原市塩原168

  • ホワイトInstagramのアイコン

©2020 by 松楓楼松屋 Official Blog Wix.com で作成されました。