• matsuya

紫蘇

爺のちょこっと蘊蓄。


今回は紫蘇について。


原産は、ヒマラヤから中国南部とされ日本には、縄文時代には入って来たとされている。


本格的に栽培されたのは平安時代とされている。


種類が多く大きく分けると、青ジソ、赤ジソ、エゴマカタメンジソなどになる。

紫蘇と書くように本来シソとは赤ジソの事だった。

青ジソは、赤ジソの変種で、大葉とも呼ばれ、さわやかな香りとさっぱりした味わいが特徴で食欲増進、食中毒予防効果が有り。

食用とされているのは青ジソと赤ジソで赤ジソは梅干しを作る時の色ずけなどに使われふりかけに使われいる。

ゆかりは梅干し作りに使われた物を乾燥して細かく刻んだ物花や実も薬味などに使われている。

最近では赤ジソのジュースが夏の季節の飲み物として静かなブームになっている。

エゴマの葉は、焼き肉を巻いて食べたり実は絞ってエゴマ油に強い抗酸化作用が認められアレルギー症状の改善作用に期待が集まっている。

8回の閲覧

最新記事

すべて表示

スタッフブログ 栗

爺のちょこっと蘊蓄。 今回は果物の中のナァツの栗。 原産はヨーロッパ、アメリカ、中国などに自生し、古くから各地でその実が食用にされてきた。 日本でも歴史は古く、縄文時代の遺跡からも出土しています。 日本栗の祖先は、自生していた小粒の芝ぐり(山グリ)だが、平安時代には京都の丹波地方で栽培が盛んになり各地に広がりました。 江戸時代には改良した品種がいくつも生まれた。 古くからの産地の丹波は、仏教の伝来

甘藷

爺のちょこっと蘊蓄。 今回は、野菜の根ものの甘藷。 原産は中央アメリカのメキシコ・ガテマラが原産地とし、紀元前から栽培されていた事がわかっている。 コロンブスがヨーロッパに伝え日本では、1604年琉球王朝(沖縄県)に伝わり、その後、唐芋と呼ばれ種子島、薩摩と栽培が広がり、薩摩芋と呼ばれるようになった。 やせた土地でも育つので亭保の大飢饉でも、鹿児島では多くの人々を救い、栽培の有用性を天下に知らしめ

プレミアムヤシオマス

【スタッフブログ プレミアムヤシオマス】 爺のちょこっと蘊蓄。 今回は淡水魚のプレミアムヤシオマス。 この魚は栃木県水産試験場が開発したニジマス(レインボートラウト)をベースにつくり出された魚です。 普通の魚との違いたまごを持たない事。 だから栄養分がしっかりと身にまわる餌も、オレイン酸の多めの特別なものを一定期間与え2kg~3kg(2年から3年)かけて育てその中でも条件をクリアしたものだけが出荷

TEL: 0287-32-2003

Fax: 0287-32-2764

〒329-2921 栃木県那須塩原市塩原168

  • ホワイトInstagramのアイコン

©2020 by 松楓楼松屋 Official Blog Wix.com で作成されました。